読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Head in the clouds

図書館と音楽が好きな社会人。

地元の図書館

こんばんは。くらうどです。

 

今日は、私の地元の図書館についてお話をしたいと思います。

詳しい地名は言いませんが、

ここ数年で地元の図書館が民間の指定管理に切り替わりました。

社会人になってから忙しくて全然行っていなかったけれど、

最近余裕が出来てまた再び行けるようになってきました。

 

基本的なサービスは直営の頃と変わらないと思うけど、

本の質?選書?が変わったかなあ。

あと、他の会社さんと協力して色々やってるみたい。

 

でもね。私はどうしても民間会社がやる図書館は

機械的で好きになれないです。

少なくとも直営の頃(私が小学生くらい)のときは

授業で地域の図書館へ行って調べ物をしよう!みたいな宿題があって、

熱心に地域資料見せてくれたのを良く覚えている。

たぶん、そうゆう生徒が良く来るから職員さんも良く分かっているし、

地域の事を良く知っているから、さりげなく誰かと繋がっていたりしてね。

 

指定管理や委託を悪く言う気はないけれど、

図書館が一種のサービス業のように中身が機械的なのはちょっと・・・と思います。

民間企業さんにはそれぞれの地域を背負っていると言う意識で

図書館の運営をしてほしいものです。

 

限られた業者が複数館持つのではなくて、

各地域の特性を最大限に活かせる企業なりNPOが運営しても良いのでは?

ま、一市民のたわごとかな。(笑)